河ヱ 仁美『きまぐれ筆日記』

2018年

1月

19日

『今』

こんばんは。

河ヱ仁美です。

『きまぐれ筆日記』第七回目です。


今回は拙い言葉ですが、

真面目なことを書いてみました。

よろしければ、お付き合いください。




2018年1月17日。


23年前、

阪神淡路大震災が起きた日。


私は、伊丹市のアイホールの舞台に立たせていただいておりました。


『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品

『blue film』  -たった1日きりの戯曲公演


お越しくださった皆様、

関わってくださった皆様、

見守ってくださった皆様、

誠にありがとうございました。


そして、

この機会をくださった皆様、

誠にありがとうございました。




今回は、『今』という字を書きました。


23年前の1月17日に震災がおきて、そして、今があります。


震災が起きた時、私は4歳でした。

その瞬間の記憶だけ、うっすらと残ってはいますが、被害の大きかった地域の写真や映像を見たのは、高校生になってからです。

けど、それだって、ちゃんと見ているつもりでも、きっと、「見ているだけ」でした。


今回、この公演に参加させていただいていなければ、

自分の「今」と、

たくさんの人の「今」が途絶えた日、

たくさんの人の「今」が変わった日が、

地続きになっていることに、

向き合えていなかったと思います。


向き合うことは難しい。

今だって。


この作品に出会えて、本当に良かったです。



東日本大震災の時から、

我が家にある防災リュックは、

今では埃を被っています。

でも、ずっと、ちゃんと、

そこにあります。

中の缶詰の消費期限は、今年の10月までです。

買い替えに行こう。



時間は地続きで、

太陽は止まらないから、

しっかり目を開いて、

「今」を生きます。



2018年1月19日

河ヱ 仁美



0 コメント

2017年

11月

14日

『晴天』『雨天』

こんばんは。

河ヱ仁美です。

『きまぐれ筆日記』第六回目です。



劇団ふぞろいぞろい第三回本公演

『犬が西向きゃ尾は東』

無事に終演いたしました。


ご観劇くださったみなさま、

ご協力くださったみなさま、

本当にありがとうございました!



今回の更新は、劇中で使用しておりました、「雨の日にしかやらないカフェ」の看板です。



『晴天休業』

『雨天営業中』



私、カフェ店主の役だったのですが、自ら書かせていただきました。

ダンボールに字を書くのは初めてでしたが、楽しかったです(笑)

素材の味が出ますね(笑)



晴れの日だろうが、

雨の日だろうが、

休む日はちゃんと休みながら、

これからも、

のんびり生きていこうと思います。


みなさんも、たまにはコーヒーでも飲みながら、ゆっくり休んでくださいね。



河ヱ 仁美


0 コメント

2017年

10月

21日

「十三」

おはようございます。
河ヱ仁美です。
『きまぐれ筆日記』第五回目です。

さて、すっかり肌寒くなりましたね。
寒さの度に感じるのは、刻一刻と迫る上演日です。

劇団ふぞろいぞろい第三回本公演「犬が西向きゃ尾は東」は、11/11・11/12に、大阪は十三のカフェスロー大阪で上演です。

今回の本公演、上演会場だけではなく、
作品の舞台も「十三」です。
「十三にある、雨の日にしかやらないカフェ」を舞台に、五人の登場人物が、わちゃくちゃとやりよります。

そこで今回は、『十三』という文字を書いてみました。

改めて書いてみると、とてもシンプルな文字ですね。
縦横五本の線で作られた言葉。
このシンプルさには、嘘をつけないなぁと思いました。

そして、そんなお芝居になればいいなぁと思いつつ、稽古は進んでおります。

11/11・11/12は、
是非「十三」へお越しください。
十三駅「西」口へ向かえば、
きっと当たり前に、尾は東です。
詳細・ご予約はこちらから。
どうぞよろしくお願い致します。

河ヱ 仁美



0 コメント

2017年

9月

16日

「欲」

こんばんは。
河ヱ仁美です。
『きまぐれ筆日記』第四回目です。

もう九月も中頃になり、
じわじわと秋の気配がしてきましたね。

食欲、読書、スポーツ、芸術、
「〇〇の秋」という言葉がたくさんあるように、
秋は、何だかやりたいことがたくさんでてくる季節だと思います。

そこで、今回は『欲』という漢字を書いてみました。

欲はたくさん出てくるのですが、
実行に移せているものは、ほぼありません。
妄想だけで終わっています。

「妄想の秋」なんて言葉を作ってみて、
今年の秋はたくさん妄想してみようかと思います。

河ヱ 仁美



0 コメント

2017年

6月

09日

「祝日」

こんばんは。
河ヱ仁美です。
『きまぐれ筆日記』第三回目です。

早いものでもう六月ですね。
私は、六月に欲しいものがあります。

それが、今回書かせていただきました
「祝日」です。

昨年、八月に山の日が設定されまして、
一年の中で祝日が無いのは、
六月だけになりました。

六月は梅雨に入りますし、
「雨宿りの日」なんてどうでしょう。
雨をしのいで、室内で楽しむ日。
良いお休みだと思います。

河ヱ 仁美




0 コメント

2017年

3月

25日

「春眠暁を覚えず」

こんばんは。

今週の劇団員連載の更新は、

河ヱの『きまぐれ筆日記』の

第ニ回目です。



さて、最近、少しずつ暖かくなってきましたね。

まだまだ、ポカポカとまではいきませんが、なんだかよく眠るようになりました。

昼寝しすぎて、夜更かししちゃって、

もっと寝ていたいと、毎朝思ってしまったり。


『春眠暁を覚えず』です。


ですが、この言葉、

「暖かくて起きられなかった」という意味以外に、「夜中の雨風がひどく、花が散ってしまうのではないかと気がかりで眠れなかった」という取り方もあるそうです。


明日は雨の予報ですね。


春は夜更かしと寝坊の悪循環の予感です。


河ヱ 仁美


0 コメント

2017年

2月

03日

「柊鰯」

こんにちは。
今週の劇団員連載の更新は、
河ヱの『きまぐれ筆日記』の
第一回目です。

最近のこと、
取りとめもなく、
素人なりに、筆で書いていきます。
よろしくお願い致します。


さて、本日は、節分ですね。
私、生まれてからずっと大阪在住ですが、今年初めて「柊鰯」を知りました。

鰯を焼くときの臭いと、
柊の葉のトゲで鬼の目を攻撃し、
追い払うそうです。
目と鼻を攻撃するという、
豆をぶつけるよりも、ピンポイントで急所狙いです。
鬼からしたら堪ったもんじゃないですね。

河ヱ 仁美

0 コメント