河ヱ 仁美『きまぐれ筆日記』

2017年

6月

09日

「祝日」

こんばんは。
河ヱ仁美です。
『きまぐれ筆日記』第三回目です。

早いものでもう六月ですね。
私は、六月に欲しいものがあります。

それが、今回書かせていただきました
「祝日」です。

昨年、八月に山の日が設定されまして、
一年の中で祝日が無いのは、
六月だけになりました。

六月は梅雨に入りますし、
「雨宿りの日」なんてどうでしょう。
雨をしのいで、室内で楽しむ日。
良いお休みだと思います。

河ヱ 仁美




0 コメント

2017年

3月

25日

「春眠暁を覚えず」

こんばんは。

今週の劇団員連載の更新は、

河ヱの『きまぐれ筆日記』の

第ニ回目です。



さて、最近、少しずつ暖かくなってきましたね。

まだまだ、ポカポカとまではいきませんが、なんだかよく眠るようになりました。

昼寝しすぎて、夜更かししちゃって、

もっと寝ていたいと、毎朝思ってしまったり。


『春眠暁を覚えず』です。


ですが、この言葉、

「暖かくて起きられなかった」という意味以外に、「夜中の雨風がひどく、花が散ってしまうのではないかと気がかりで眠れなかった」という取り方もあるそうです。


明日は雨の予報ですね。


春は夜更かしと寝坊の悪循環の予感です。


河ヱ 仁美


0 コメント

2017年

2月

03日

「柊鰯」

こんにちは。
今週の劇団員連載の更新は、
河ヱの『きまぐれ筆日記』の
第一回目です。

最近のこと、
取りとめもなく、
素人なりに、筆で書いていきます。
よろしくお願い致します。


さて、本日は、節分ですね。
私、生まれてからずっと大阪在住ですが、今年初めて「柊鰯」を知りました。

鰯を焼くときの臭いと、
柊の葉のトゲで鬼の目を攻撃し、
追い払うそうです。
目と鼻を攻撃するという、
豆をぶつけるよりも、ピンポイントで急所狙いです。
鬼からしたら堪ったもんじゃないですね。

河ヱ 仁美

0 コメント